「ブログ」カテゴリーアーカイブ

精密切削加工部品 三鎮工業 ブログ

化粧直し

3月下旬より始まった
改修工事は半ばを過ぎたようです
外壁は白く お日様の光を浴びて輝いています
それに比べ中は 薄暗く寒々しく感じますが
もう少しの辛抱です 暫く我慢しましょう
青い空の下 白い建物は
明るい季節に良く映えることでしょうね

異動の季節

異動に伴い 家 会社 部屋 机
引越しをしなくてはいけない時期でもあります
別れる淋しさや 新しい場所への不安
色々想うところもありますが
この時期は気候も大きく移動しているかしら?
暖かくなるかなと思っても 雨が降って
寒くなってみたりと 忙しいですよね
気温の変化が激しいときは
体調にも充分気をつけなければ
いけませんね

おめでとうございます

最近暗い話で落ち込むことが多くなってしまったので
此処は一つ 嬉しい話をご紹介しましょう
しばらくお休みになっていた スタッフの方が
戻っていらっしゃいました
お帰りなさい 良かったですね
是からも宜しく願い致します
無理なく ほどほどに飛ばしてください
明るい話題を提供できて嬉しいです
時には立ち止まったり 振り向く機会も必要ですが
やはり 前を向いて歩いていかなくちゃね
明るいお日様の下 楽しく爽やかに

どうなるのかしら

毎日のように殺人事件が
ニュースで報道されている
あまりにも多すぎて
慣れてしまったのかしら
えっ またなの
と思う私がいるけれど
キャスターは淡々と原稿を読んでいる
この時代は体も心も病んでいる人で
溢れているのかしら
親子関係も難しいのか
近所の名物老人も見なくなった
これからの社会は
どうなっていくのかしら
人事ではないけれど
想像できない

言葉の不思議

何気ない言葉だけれど
表情や 言葉の語尾の強弱で
肯定的にも否定的にも変化してしまう
不思議というより 難しいかも
自分でも気付かないうちに
誰かに影響を与えているかもしれない
やる気のある時に聞く マイナスの言葉は
凹んでしまう 今 落ちた穴から
どうやって出ようか考えている
雨が降る前に出なくちゃね 

抑止力効果

赤ちゃんは動くものに対し目で追うが
中高年の男女の方も良く周りを確認しながら
移動していらっしゃる ご丁寧な方は再確認をしていらっしゃる
もっと几帳面な方は二度三度と振り返って確認をしていらっしゃる
考え方によっては防犯に一役買っているのかも
不審者にとっては嫌な視線になっているのかもしれない
一方では変な行動に見えても もう一方では治安維持活動をしている
行動や物事には 意味のないことなど
ないことが確認できたような気がします

お買い物袋

最近流行の兆しかな
遅まきながら私も活用し始めました
スーパーでカードを発行しレジでスタンプを押してもらうと
僅かだけどキャッシュバックがあります
別にお金が欲しい訳ではないけれど(あっても邪魔にならないね♪)
家の中にレジ袋が溜まってしまって エコでもレジ袋は
問題になってきていて良い機会だったかもしれない
活用している人は まだまだ 少ないけれど
確かにプラゴミは一番多いと思うのだ
そこで自分なりに エコ活動をしてみようと思ったのでした

立て札

会社に行くときに通る道 何時もの通勤路
剥がれかけた立て札が目に入る
「ゴミを捨てないで下さい」
会社の敷地の一部と思われる
わずかだが車を止めるスペースがある
植えてある樹木は 管理されず枝が伸び放題
雑草も生え放題で枯れている
飲みかけのジュース お茶 紙パックなど
時には猫用のご飯が置いてある
わずかな敷地内を掃除して 綺麗に整えたら
どうなるのだろう 捨てづらい環境を整えてみるのも
予防対策になるかな なんて余計なお世話かな
 

速弁

夕方のニュースでやっていました
駅弁の人気に便乗してなのか
元々の お弁当人気の影響か
高速道路のサービスエリアで
はやべん「速弁」が販売されていて
まずまずの売れ行きとか
私はふと思った
高速道路に 粗大ゴミや 一般ゴミが
置き去りにされている事実があるなか
食べ終わった お弁当のゴミも大変
ではないだろうかと 水をさすような事を
言っては失礼だけど お弁当を詰めている
お弁当箱がちょっと目に付いてしまった
折角の良いお話なので
今度高速道路を利用したら 実物の速弁を
見てみよう 個々のマナーがしっかりしていれば
問題ないものね

ちょっと考えてみました

ゴミ 見た目も悪く 不快な臭いを放ち 不要なもの
それは人間が生み出している 人口の増加によって育ったものだ
リサイクル活動真っ只中においてどう考えるか
先ずゴミを認識するそしてルールに従い分別し有料で引き取ってもらう
流れとしては良いと思うが そこから更に考えると減らす考え方が必要かな
究極になってしまうかもしれないけれど 生ゴミは臭って当然のもの
食べきることが一番良いが不可能だ そこで考えてみた 水分 生き物は
大概水分を必要とすると思うが 生ゴミを乾燥ゴミに近づければどうなるだろうか
臭いものに蓋というのもあるが 見た目は良く臭いも抑えられるかもしれないが腑に落ちない
私は人と水は似た様な表現ができると思う 水は上から下へ流れていく 人も難しいものから
易しいものに流れていくそれは世の常だから不思議ではない 時には自分自身に縛りを
懸けてみたら 意識の持続に繫がり本物になったりしたたら素晴らしいかも
ただの百円ライターだけど 上下左右斜位 見る角度によって違うのは当然だけれど
その感覚は向上に繫がるような気がするのは勘違いかな
ポイントによって捉え方も変化してしまう問題は難しいから流したほうが良いのかも
言うは易し行い難しですね